森のレストラン

ピザ窯作り

震災復興のピザ窯(石釜)

ピザ窯の作り光景(自己流)

2011.4月ピザ窯作りの様子です。

3日間かけて”ピザ窯”を作りました。地震の被害で、当店の”益子焼き陶芸の登り窯””穴窯”が全壊し復旧作業をしておりました。その際に”森のレストラン”で”ピザ窯”を作り、美味しい薪焼きピッツアを作ってみよう!・・・ということで、陶芸教室よこやま、窯元よこやま、森のレストランのシェフたちで協力し合い、ピザ窯を作り上げました!
もちろん設計図も何もない”行き当たりバッタリ!?”の作業。陶芸の土を目の前にしてから思いのままに作る!美味しい野菜、食材を目にして一番美味しい調理方法で調理する・・・。そんな現場主義者たちが作り上げました。窯作りは素人ですが、見た目はさておき、まあまあ、なんとか上手くいきました。ピザの焼き上がりは最高です!!

ご家庭で楽しまれるなら、このような手法でも結構できるものですよ♪

 

 

  • ピザ窯作り
    地面にコンクリート(鉄筋入り)で土台を作ります。こちらは専門プロにおまかせしちゃいました。大谷石をうまいこと、セメントを目地にして重ねていきました。水平を図りながら慎重に・・・とは1段まで。結局、「進まないから適当に重ねていけ~」という調子で、おおよそ・・・がここらかすでに始まってしまいました。
  • ピザ窯作り
    ↑大谷石は、どれくらいのサイズの窯が作りたいか・・・ということで大きさを決めました。そこにレンガを並べ・・・。「幅はどれくらいだ!?」「奥行きはどうする!?」・・・・「違うじゃん」「ココはこうすっぺ!」など言いながら<途中かなり内輪モメになりましたが・・>ピザ窯完成を目標に話し合いました。
  • ピザ窯作り
    ↑今回のレンガはすべて、地震で悲しくも崩れてしまったリサイクルレンガとでも言いましょうか・・その子たちを使って作りました。復活THE益子の窯!陶芸の窯がピザ窯に変身!! もちろん、陶芸の窯も修復して使用しておりますのでご安心を♪このレンガの窯は全壊ですが・・。耐火モルタルにセメントを3/1ほどまぜてレンガを重ねました。
  • ピザ窯作り
    ↑20年開かずの間だった場所地震後大掃除した、耐火モルタルにセメントを3/1ほどまぜてレンガを重ねました。セメントを混ぜるかどうかは定かではありませんが、既に完成していた”ピザ窯1号”は地震で無事であったため、同じ感じでセメントを使いました。
  • ピザ窯作り
    ↑横壁が完成しから、裏面壁を作ります。両方サイド、裏面を完璧に重ねました。その後、レンガをのせて・・・ハタマタ「こんな感じでどうだ?」「いいのか?」
  • ピザ窯作り
    ↑段ボールでアーチ用の型紙?支え?を作りました。こちらはちょっと失敗ぎみ。木で作ることをお勧めします屋根部分は木製アーチで決まるといっても過言ではありません。屋根部分(アーチ部分)のレンガをのせていくと、重みで沈んでしまいます・・・。今回は何とか頑張りましたが・・・。
  • ピザ窯作り
    ↑底の床、横壁、後ろの壁を段階良く積んでいきます。ある程度いったところで、「そろそろ入口をつくっちゃわない!?」とせっかち隊長が発言。「そうだな!」「そうだな!」とみんなが合図地。普通のレンガとセリレンガ(斜めにカットされているレンガ)を組み合わせて入口を重ねます。レンガで落ちないように支えながら・・・。
  • ピザ窯作り
    ↑このへんではかなり・・・心配でした。落ちちゃうんじゃない・・ということで・・・。
  • ピザ窯作り
    ↑このへんまで来たらいけるかも・・・と思いました。レンガ1個分は余計に入れちゃう・・・的です。
  • ピザ窯作り
    ↑入口の部分はかなり難しいです。アーチ状に木型を作ってレンガをのせていく方法がおすすめです。
  • ピザ窯作り
    ↑どうにかこうにか・・・こんな感じで、最後のレンガ3個分は、きつくて入らないんじゃない・・・というくらいきついところから、ハンマーを使い、徐々に、徐々に、丁寧に・・・半ばムリヤリ?はめていきました。落ちないのか?・・・と心配していましたが、こうすると意外としっかり落ちないものです。私的にはバッチリ!と思います。
  • ピザ窯作り
    ↑前面はこんな感じです。入口のアーチの周り(上部分)は、レンガを丁寧にカットして、裏面の壁と合わせました。レンガはサンダーを利用しカット。サンダー使用の際にはお気を付けください。メガネも忘れずに。くれぐれもケガに注意です
  • ピザ窯作り
    ↑アーチの土台(段ボールでないほうがオススメですが)の上に、レンガを並べて、またまた検討中。こんな感じやってみっか!?という感じで、積み重ねていきます。
  • ピザ窯作り
    ↑アーチの部分を積み重ね、煙突を立てました。こちらは前方に立ててみました。ホームセンターで購入した土管です。この窯には煙突が小さく、後日、煙突を太いものに変えました。
  • ピザ窯作り
    ↑煙突周辺、レンガの重ねた隙間にモルタル&セメントを丁寧に埋め込みました。「しっかり保ってくれよ!」と話しながら・・・。そして、窯の周りに土を塗って完成です。
  • ピザ窯作り
  • 写真にはありませんが、ピザを焼く内面は、ホームセンターで販売している”アサヒキャスター”という材料を塗りました。セメントのような感じですが、乾くと石のような強度になるそうで火にも問題ありません。
  • ピザ窯作り

ピザ窯作り

 

今回の窯作りで良かった点→思いの他、良くできました。ピザの焼き上がりは満足です。良かった点は、自分たちの力で作り上げた事による達成感を皆で味わえる。もちろんピザが焼き上がり、食べる際にも満足感に満たされます。思い出、反省とともに・・。煙突場所、バランスもちょうど良かったです。
今回の窯作りで反省点→ピザの焼き上がりは大満足です。・・・が、入口開口部分が大きいようです。高さがもっと低ければ、窯焼きの際に熱くない、薪の燃焼料が少なくてすむ(空気が入る分、天井が高い分、熱効率が悪い)→開口部分、高さが低ければ、より少ない薪で同じ温度が保てると感じました。今後修正するか検討中です。床の下に空気穴を作りましたが、こちらはピザ窯にはなくても大丈夫かと思います。陶芸の窯の場合、1300度近くまで温度を上げるため重宝していましたが、使用しておりません。

当店で行った作業手順
1,コンクリートで土台を作る(水平に)
2,大谷石でピザ窯の土台を作る。(当店では廃材があったのでこの石を再利用しました)
3,奥行き、幅、ピザ窯の炉内のサイズを決める
4,実際にレンガを並べてみて、床、手前、両サイド、裏壁を検討してみた。
<薪を入れて調理するので、横幅がないと、ピザが焦げますのでできれば広い方がベスト>
5,検討したレンガを外し、床部分をモルタルを付けならべていく。

 

現在、この窯は年に2回開催される森×ARTで活躍してます。窯焼きピッツァ焼きたては最高です!ぜひ食べに来てください。

  • 201704-moriar3
  • 201704-moriar4
  • 入り口が大きすぎたので、鉄筋屋さんにカバーを作っていただきました!

店舗情報

sankaku 店舗益子 森のレストラン
益子 森のレストラン 店内 店内:森の中にひっそりと佇む、隠れ家的一軒家カフェ(森のレストラン店内 益子 森のレストラン メニュー ランチ:前菜コーナーで1皿だけチョイス。メイン料理も充実(ランチメニュー
カフェ益子の茶屋 ドリンク ドリンク:益子焼のカップでお楽しみください(森のドリンクバー 益子 森のレストラン スイーツ スイーツ:季節で替わる、森の自家製スイーツ。(森のスイーツ
店舗 益子 森のレストラン(益子の茶屋3号店)
住所 〒321-4217栃木県芳賀郡益子町益子4037
TEL 電話する0285-70-2223(ご予約・お問い合わせ) ↑電話をかける(営業時間11:00〜17:00)
Open 3〜11月11:00〜17:00(ラストオーダー16:30) 12〜2月11:00〜16:30(ラストオーダー16:00) ※前菜コーナーは15:30まで。
定休日 金曜日定休(金曜日が祝日の場合は前日が定休日)他、年末年始、臨時休業などもございますので詳しくはお電話にてお問い合わせください。
駐車場 益子森のレストランは駐車場40台完備です。 道が狭いためバスは入れません。普通車はOKです。 陶芸ろくろ教室Pも駐車OKです。(バスは要予約)徒歩5分ほどで、森のレストランまで行けます。途中の景色が良いのでお散歩コースとしてもおすすめです。
アクセス アクセスマップをご覧ください
ご予約 ご予約は11:30迄のご来店でお受けしております。(11:30以降はご来店順) ※混雑時など、ご予約時間が変更になる場合もございます。詳しくはショップまでお問い合わせください。レストランのご予約時間につきましてもご一読ください。
その他 階段がありますので、車椅子では店内にご来店できません。全席禁煙となります。
公式フェイスブック 公式インスタグラム
【森のレストラン】公式フェイスブック 【森のレストラン】公式インスタグラム
【益子の茶屋】公式LINE@
 
オリジナルの洗面ボウルを陶芸体験で作ろう!
気軽に作れる!「茶香炉」「アロマポット」
ビアカップを陶芸体験で作ろう!
オリジナルのランプシェード作り
陶芸体験で両親へのプレゼント・引き出物
珈琲カップ&ソーサーを作ってみよう!
作ろう!焼酎カップ
そば器!作ってみよう!
俺のビアジョッキ!作ろう!
マイ「灰皿」作ろう!
作ってみよう!「ふた付き丼」
第12回「森×ART」2019年11月16日(土)・11月17日(日)の2日間☆ 布、革、陶器、木工、バッグ、アクセサリー、 フード店の作家が 大集合!無料ライブあり!
フォトコンテスト!インスタグラム投稿で豪華賞品が当たるチャンス!応募方法インスタグラムアップの際にこちらを記入するだけでOK!#2019陶芸教室よこやまフォトコンテスト
「ましこ」のお仕事。いきいきと元気に働く!よこやまグループ採用情報です
気ままな日記☆益子焼窯元よこやまのブログ!